軽井沢別荘建築☆移住★40歳夫婦☆3人の子供

軽井沢に別荘を建築中の私達が手探りで集めた、別荘建築や軽井沢ライフに役立つ情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダッチオーブン料理~ローストビーフ (焼け過ぎ注意)

R1005723.jpg
前回に引き続き、春の軽井沢でダッチオーブン料理に挑戦します。
今回は「ローストビーフ」ですが、初めて調理したので焼き過ぎて
断面から肉の赤みが抜けてしまいました。(残念)
これではチャーシューの様ですね。
実際に食感もチャーシューの様な硬さがありました。

さて、調理方法ですが、
R1005714.jpg
牛ロースのカタマリに市販のローストビーフ用のシーズニングを擦り込み、
涼しいところで一時間ほど寝かします。

R1005716.jpg
その間に空のダッチオーブンのプレヒートを行います。
火加減は下から強火で、蓋をあけて中に手を入れたときに、オーブンに触らなくても
明らかに熱いと感じる程度まで加熱します。

R1005719.jpg
ダッチオーブンの底にアルミホイルを敷いて、その上にスモークチップを撒きます。
スモークチップは色々なものが市販されていますが、肉料理にはサクラで良いと思います。

その上にアミを置き、先ほどの肉を置きます。

R1005717.jpg
蓋をして上下から中火で約30分ほど加熱します。

R1005721.jpg
蓋をあけるとこんな感じになっています。
予想以上に肉汁が滴り出て、スモークチップにかかっています。
この状態ではスモークが十分に回りませんので、
肉の下にもう一枚アルミホイルを置くべきでした。

焼け具合の確認は、鉄のクシを肉片の中央まで刺して5秒ほど置いた後に抜き、
クシを唇に当てて温かさを感じたら焼きあがりです。

今回は、この焼け具合の確認で失敗したので、
一番上の写真の様に焼け過ぎのローストビーフになってしまいました。

とはいえ、春の軽井沢でゆっくりとアウトドアクッキングを楽しんで
ちょっと優雅な週末を過ごす事が出来ました。



スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuizawa2008.blog109.fc2.com/tb.php/307-85d80c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。