軽井沢別荘建築☆移住★40歳夫婦☆3人の子供

軽井沢に別荘を建築中の私達が手探りで集めた、別荘建築や軽井沢ライフに役立つ情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウッドデッキの修繕~DIYで塗装

R1004006.jpg
ゴールデンウィークに突入し、軽井沢も暖かくなってきました。
昨年のゴールデンウィークは、毎日DIYでガーデンニングをしてきましたが、
今年も連休を活用してその続きをやっていく予定です。

昨年は、芝生づくりガーデンのウッドフェンスブランコ倉庫等々色々なものを作り、
このブログでその様子をご紹介してきました。

さて、今年のDIYのスタートは、ウッドデッキの塗装から始めます。
実は我が家のウッドデッキは、塗装されていませんでした。
というのも、南仏の住宅に合うウッドデッキのイメージがなかったので、
最後までブラウン系にしようかアイボリーにしようか迷っていたため
建物の工事中に塗ってもらえなかったのです。

引渡しの時に現場監督のSさんからアイボリーの塗料を1缶もらいましたが、
ブランコや倉庫に塗って使ってしまいました。

その様な経過ですので、1年間太陽光にさらされたデッキは完全に乾ききって、
真っ白になっていました。
R1003994.jpg
もちろん防腐材が入っているウッドデッキ用の材料で作ってもらったので、
すぐにボロボロになる訳はありませんが、新品の時に比べると風化した印象があります。

塗料を塗る前に、ホースで水をかけながらゴシゴシとブラシで洗います。
最近、我が家の庭に野鳥が来るようになったのですが、その影響でしょうか鳥の糞などが
デッキにこびりついているので、しっかりと洗い流します。
R1003998.jpg
水洗い後、しっかりと乾燥させます。

今回使用した塗料は、大日本塗料の「水性ガーデニング塗料」です。
この様なガーデニングの塗料としては、「キシラデコール」が一般的で、
昨年作ったフェンスなどは、それで塗ってきましたが、今回は水性の塗料を選んでみました。

なぜかというと、キシラデコールは耐久性は定評がありますが、臭いがキツイ事が難点です。
今回はウッドデッキなので、子供達が裸足で歩く事もあるので、刺激の少ない水性塗料にしました。
また、値段もこの塗料はキシラデコールの半額で買える点もありがたいですね。
R1003999.jpg
我が家の4m×3mのウッドデッキに2度塗りする場合は、写真の1.6L缶を2缶使用します。
刷毛は、途中で子供が一緒に塗りたくなった時のために2本買ってきました。

まず、塗り始めはウッドデッキの隅の塗りにくそうな部分からです。
R1004002.jpg
いきなり広いところから塗るのでなく、後で塗りにくくなる部分を先に塗ってしまいます。
ウッドデッキの上で塗装作業をするので、当然塗りたての部分には乗れませんから、
自分の立ち位置を考えながら手順を決めていくのです。

約半分塗り終わったところです。
R1004004.jpg
色が濃いところが塗りたてで、白いところが塗る前の部分です。
(塗りムラの様に見える部分は、木の陰や窓ガラスの光の反射です。)

こうして我が家の4m×3mのデッキの塗装は3時間で終了しました。
綺麗になったウッドデッキで、ゴールデンウィークの軽井沢を楽しみたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:信州に移住した人生 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuizawa2008.blog109.fc2.com/tb.php/290-c726b147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。