軽井沢別荘建築☆移住★40歳夫婦☆3人の子供

軽井沢に別荘を建築中の私達が手探りで集めた、別荘建築や軽井沢ライフに役立つ情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校の吹奏楽コンサートDVD

R1028636.jpg
2人の娘達がお世話になっている小学校の吹奏楽部の
今年度最後のコンサートを収録したDVDを作ってみました。

このブログでも、ずいぶん前に書きましたが
映画「スウィングガール」を観た娘たちが、
憧れの金管を演奏できると小学校のブラスバンドに入ったのですが、
もう、上の子は小学校6年生になり今年で卒業になります。

その最後の演奏会「ありがとうコンサート」が軽井沢大賀ホールで行われました。
ブラスバンドは楽器の運搬や子供の送り迎えなどで
いろいろな方のお世話になっているので、
吹奏楽部の子供達がそのお礼に企画したコンサートです。

吹奏楽部の顧問をされている先生が熱心に厳しく指導されているので、
小学生とは思えない質の高い演奏をしました。

その音色に感激し、子供の思い出を残してあげようとDVDを作ってみた訳です。

もちろん販売はしません。

世界で1枚だけの娘たちの思い出のDVDです。

このDVDの内容は、youtubeにアップしてありますので、ぜひ軽井沢の子供たちの演奏をお楽しみください。
ご視聴される方は、こちらから

軽井沢中部小学校 ありがとうコンサート




スポンサーサイト

テーマ:信州に移住した人生 - ジャンル:ライフ

夏休みの理科研究

KC3G0353.jpg
 夏休み中に小2の息子の理科の実験で電信機を作りました。

 息子がエジソンの伝記を読んで、電信機って何だろう?と興味を持った事がきっかけです。
 エジソンは少年時代に駅の電信の仕事をしていた時があり、
早打ちの電信師として有名だった事が伝記に書いてありました。

 インターネットが普及している現代でモールス信号で通信する事は
実用上あり得ないのですが、エジソンが色々な物を発明する以前は、
この電信機が今でいうインターネットの様に先進のコミュニケーションツールだったと
想像できます。

 ホームセンターで、エナメル線と電池ボックスを買ってきて、
昨晩飲んだビールの空き缶や釘や画びょうで電信機を2台作って、
モールス信号表を見ながら子供と電信の実験をしました。

 私が子供のころは、こんな科学工作を毎日の様に家でやっていましたが、
今の子供たちは、もっと面白いものがたくさんあるらしく、全然やらなくなったと思います。

 この電信機の接続を入れ替えれば、ブザーになりますし、
バリコンとイヤホンとダイオードを追加すれば鉱石ラジオになります。

 デジタル全盛でアナログの基礎は子供の興味の対象ではなくなった事は淋しい事です。

テーマ:信州に移住した人生 - ジャンル:ライフ

ゴールデンウィーク親子キャンプ

R1005817.jpg
次女が
「お庭にテントを作って泊まりたい。」
と言い出して、早一年。
当時は、我が家にテントなどなかったのですが、プリンスのコールマンのバーゲンで
お値打ち品のテントを購入し、ようやくゴールデンウィークにキャンプをする事が出来ました。

さすがに狭い庭でキャンプをする訳にもいかないので、
我が家から歩いて3分のところにある雑木林をお借りしました。
近くにこの様な環境があるところが軽井沢の良いところです。

今回のキャンプでは、小5の長女はママと家で留守番をする事にしたので、
小3の次女と小1の息子と3人のキャンプ生活になりました。

今回のチームでは次女が「班長さん」です。

働き者の「班長さん」は、率先して水汲み当番をしたり、炊事を手伝ったり、
弟の面倒をみたり、とても責任を感じながらキャンプ生活をしてくれました。

ゴールデンウィークとはいえ軽井沢の朝はかなり冷え込むので、
子供達は睡眠不足でしたが、弱音を吐かずに2泊3日の日程を全うしました。

終わってみると、班長さんは少しだけ大人びた感じがしました。

テーマ:信州に移住した人生 - ジャンル:ライフ

ダッチオーブン料理~ローストビーフ (焼け過ぎ注意)

R1005723.jpg
前回に引き続き、春の軽井沢でダッチオーブン料理に挑戦します。
今回は「ローストビーフ」ですが、初めて調理したので焼き過ぎて
断面から肉の赤みが抜けてしまいました。(残念)
これではチャーシューの様ですね。
実際に食感もチャーシューの様な硬さがありました。

さて、調理方法ですが、
R1005714.jpg
牛ロースのカタマリに市販のローストビーフ用のシーズニングを擦り込み、
涼しいところで一時間ほど寝かします。

R1005716.jpg
その間に空のダッチオーブンのプレヒートを行います。
火加減は下から強火で、蓋をあけて中に手を入れたときに、オーブンに触らなくても
明らかに熱いと感じる程度まで加熱します。

R1005719.jpg
ダッチオーブンの底にアルミホイルを敷いて、その上にスモークチップを撒きます。
スモークチップは色々なものが市販されていますが、肉料理にはサクラで良いと思います。

その上にアミを置き、先ほどの肉を置きます。

R1005717.jpg
蓋をして上下から中火で約30分ほど加熱します。

R1005721.jpg
蓋をあけるとこんな感じになっています。
予想以上に肉汁が滴り出て、スモークチップにかかっています。
この状態ではスモークが十分に回りませんので、
肉の下にもう一枚アルミホイルを置くべきでした。

焼け具合の確認は、鉄のクシを肉片の中央まで刺して5秒ほど置いた後に抜き、
クシを唇に当てて温かさを感じたら焼きあがりです。

今回は、この焼け具合の確認で失敗したので、
一番上の写真の様に焼け過ぎのローストビーフになってしまいました。

とはいえ、春の軽井沢でゆっくりとアウトドアクッキングを楽しんで
ちょっと優雅な週末を過ごす事が出来ました。



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

ダッチオーブンで鳥の丸焼きをつくる

R1005711.jpg
今朝の軽井沢は季節外れの大雪でした。4月だというのに、今年最大の降雪量だったと思います。
最近、このブログでご紹介するネタが少なくなったので、
新コーナー「アウトドアライフ」を立ち上げようと思っていたのですが、
突然の大雪で、気持ちが怯みそうになりましたが、午後から晴れだしたので、
ダッチオーブンクッキングにチャレンジしてみました。

今日のメニューは「鳥の丸焼き」です。

丸焼きといっても一羽丸ごとですと、我が家では食べきれないので、
骨付きモモ肉2本で作ってみました。

まずは下ごしらえから、
R1005692.jpg
鳥の骨付きモモ肉は、写真の様に骨と肉の間に切り込みを入れ、
同時に筋の部分を切っておきます。

R1005694.jpg
下味はオリーブオイルとおろしニンニクとローズマリーです。
適量を肉にかけて素手で摺り込みます。

R1005697.jpg
裏面も同様に下味付けをしてこの状態で一時間ほど置いておきます。

R1005698.jpg
付け合わせのジャガイモと玉ねぎは皮ごと食べられるように
綺麗に洗ってアルミホイルで包みます。

R1005702.jpg
これらを中火で余熱したダッチオーブンに並べます。
この時、ダッチオーブンにはアミを敷いて焦げ付きを防ぎます。

R1005706.jpg

ダッチオーブンに蓋をして上下から炭火で中火程度に加熱します。
写真で蓋の上に乗っているカップは、コーヒー用のお湯を沸かしているところです。

週末に軽井沢の我が家でダッチオーブンの火番をしながら、
ボサノバでも聞きながらコーヒーを飲んで優雅な時間を過ごすのも悪くないですね。

待つ事約一時間。美味しく出来上がった状態が一番上の写真です。

軽井沢の大自然の中で楽しむダッチオーブン料理を今後もこのブログで
ご紹介していきたいと思います。


テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。